日記

業務用のスーパーでトマト箱買い

ここのところ週一回のペースでトマトの箱買いをしている。そのほうが安いからだ。大きさや量はまちまちだが、昨日買ったトマトは特大サイズ12個で1,100円だった。安いし味も申し分ない。

価格は近所の鉄道系のスーパーの1/3程度だ。トマトが好きでほぼ毎日食べているので、これだけ安く買えるのはありがたい。今までは会社と家の往復の中間点にあるスーパーとコンビニばかり利用していたが、少し足を伸ばすとお買い得な商品を売っているお店は案外簡単に見つかる。

ここのところ時間には余裕がある生活をしているので、ややうちから離れているが通っている。歩いて片道20分弱くらいかかるが、運動不足解消の散歩にもなるし一石二鳥だ。

鮮度が良く、値段も安いスーパーに遠出して買い物に来ているのはもちろん自分だけではなく、外国人在住者も多く訪れている。安いスーパーかどうかを判別するには、値段に対してシビアな外国人買い物客がどれだけいるのかを見ればいい。近所の鉄道系のスーパーでは、ほぼ全く見たことがないが、この業務用スーパーでは中国語が飛び交っている。

そこで箱にぎっしりと詰められたトマトを買った。車があれば簡単に持ち帰れるが、車のない生活をしているので買い物には登山用のリュックを背負って言っている。ミュレーというメーカーの40Lのリュックで、2泊3日くらいの登山に適している大きなものなので、たいていものは入る。そこでトマトだけでなくブロッコリーも買った。2房で100円という破格の値段で助かる。

そのスーパーは主に生鮮野菜を売っていて、肉はほとんどおいていない。ただ、ちょうどうまいことに道路向かいに肉が安いことで有名なスーパーがあるので、トマトを買いに来たときには基本的にこの二店舗をはしごすることになる。近所のスーパーは高級志向ということもあり、肉はほとんどが国産でアメリカ産やオーストラリア産がない。それに対して、こちらには外国産の巨大な肉のかまたりや、格安の国産鶏肉などがあり、ガッツリと肉を仕入れるのには都合が良い。

この日も、オージービーフのステーキ用の肉と、豚肩ブロックを買った。昨日ステーキは食べたので、今日はこの豚肉を使ってなにか作ろうと思う。

ちょっとした節約のために遠くのスーパーまで歩き回っている姿は、はたから見たら惨めに映るかもしれないが、やっている本人は割と楽しんでいる。本当に生活に困窮して生きるためにやむを得ず回らないとなると、義務感が生じてまるで仕事のように感じるようになるのかもしれない。

こんな暮らしも悪くない。

なんてゆっくりもしていられない。引っ越しの準備を急激にはじめた。明日は早速見積もりに業者が来る。いそがしいそがし。

-日記